サプリメントと薬の違いと利用時の注意点

疲れやすさや、食欲不振などの身体の不調を自覚はしつつも、病気とまでは至らない場合は、サプリメントに頼る人も大勢います。体の調子が悪い時にはサプリメントを摂取して、健康成分を補給することで、コンディションを立て直すことができるという考え方をしている人は結構たくさんいます。しかし、薬とサプリメントには大きな違いがあるので、しっかり理解しておく必要があります。医師から処方される薬だけでなく、ドラッグストアで購入する薬についても、薬剤師との対面販売で薬は買わなければならないことが、法律で決まっています。対してサプリメントは薬ではなく健康食品であり、ドラッグストアやコンビニなどで自由に購入ができます。サプリメントがインターネット通販で買えるのは、薬剤師と対面する必要がないことも関係しています。わかりにくいことがあったとしても、買う時に薬剤師に聞けば、説明を受けることができます。特定の症状に効果が期待できるサプリメントだとしても、この症状を治せるといった書き方をすることはできません。サプリメントに含まれている栄養成分に、健康的な効果があると知られていても、薬とははっきりと区別されているのです。サプリメントは薬のように即効性があるものではないので、数ヶ月単位でコツコツと飲み続けることで、体質改善効果を期待するものです。サプリメントはアレルギー体質でもない限り、薬の様に重篤な副作用が起きる可能性は低くなります。サプリメントは気が向いたら飲み始め、不要になったらいつでもストップすることができます。シンデレラアップ副作用なしでバストアップ