肌を白く保つためのケアは、美白化粧品の使用以外にもあります。美白成分を摂取するために、食事の内容を改善するといいでしょう。肌の白さを高めるには、ビタミンCなどの栄養素が効果があるといいます。美白化粧品にはビタミンC誘導体が配合されることがありますが、化粧品でビタミンC誘導体を与えることで、メラニンの生成が抑制されてシミやそばかすを予防する働きと、すでにできてしまったシミを薄くする働きが期待できます。食事でもビタミンCを摂取して体の中からケアをしましょう。ビタミンCは抗酸化物質としても有用なので、肌のシミを除去する作用が得られる成分でもあります。美白ケアには、ビタミンCをたくさん摂取できるフルーツや、野菜などの食材を積極的に食べることが効果的です。食材を流水で洗いすぎたり、水につけておきすぎると、ビタミンCは水に溶けてしまいます。体内に使い切れないほどのビタミンCを摂取しても、汗や尿になって体の外に出ていってしまうので要注意です。美白ケアを目的として摂取する場合には、1日にビタミンCを2グラム以上摂取する必要があります。食事だけでビタミンCを2グラム以上摂取することが難しいときは、サプリメントを利用する方法もあります。質が良くないサプリメントや、成分量が少ないサプリメントもありますので、納得のいく商品を選択してください。ホワイトニング歯磨き粉の人気商品がわかる!